手拍子をするファンは朝青龍のガッツポーズを批判する資格がないと思うの巻

当ブログでの本格的な相撲記事の初っ口がこんな内容ですが、
(取組についてどうこう書くよりも、インスパイアされたコラム的なことを書こうかと模索中)

タイトルの通りでして。

最近、本場所に足を運ぶ客の間で、贔屓の力士に手拍子をして声援を送る行為が流行しています。
で、NHKなんかは「これまでにあまり見られなかった応援スタイル」と言いながらも、
これをワリと好意的に見ているようです。

ただ、私はどうも手拍子というのは、相撲の応援の仕方としては
なんとも不似合いな気がするんですよ。

まあ、好きな力士に声援を送っているワケですから、行為自体には悪意はないのはわかるんですがね。


どうして不似合いか説明をつけられぬまま、ずっと心の中でモヤモヤしていたんですけど、
先場所の朝青龍のガッツポーズ問題がその答えをくれたような気がします。

先場所、白鵬との横綱どうしの優勝決定戦を制した朝青龍が、
土俵上で派手なガッツポーズをしたことを批難されました。

なぜ力士は、土俵の上で勝利の喜びを表現してはいけないのでしょう?

答えはいくつか挙げられますが、

● 負けた相手、そして負けた相手の周囲にいる人々の心情を慮(おもんばか)る
● 勝って奢らず。今日の勝利は自らが邁進する相撲道の通過点に過ぎず、また相手なくしては相撲を取ることすらできないのであってその相手に礼節を尽くすのはどうたらこうたら…

みたいな美徳があるワケなんですね。


で、手拍子がなんで相撲に不似合いか考えると、
ガッツポーズと同じく上記の美徳に欠ける応援方法だからだと思うんです。

● 対戦相手、そして対戦相手の周囲にいる人々の心情を慮っていない
● 応援する力士を勝たせようとする奢りを感じる


手拍子って、客の分際で場を支配しようという奢りを感じます。
対戦相手に、負けてくださいと懇願しているように聞こえることさえあります。

「ファンあっての大相撲」なんて言いますけど、まあそれも然りですが、
それ以前に「大相撲あってのファン」なんですよ。

主役は土俵に上がる東西の両力士であって、1人の力士とそれにつく客ではないのです。

客は、声援を送るときには「せめて私の声が、応援するあの力士の耳に届きますように」
という慎ましい思いを持って声援を送ってほしいものです。

「相撲を愛しているならば」ですがね


こう書きましたが、私は別に手拍子否定派ではありません。
ときどき、「それが正解」なタイミングもあるかと思います。(ガッツポーズについても同様の見解です)


ただ、手拍子を送るような品格のないファンは、
朝青龍を批判するだけの品格はないと言っているのです。

朝青龍が喜びのあまりついガッツポーズをしてしまったのと同様に、
館内のテンションに釣られてつい手拍子をしてしまったファンの方は

おおいに反省していただいて(笑)

ぜひとも相撲ファン番付の頂点を目指して精進していただきたいと思いますw


ぶっちゃけファンの質が良ければ九州場所もうちょっと盛り上がってるとは思うんだ。
これは毎年言っていることではあるんだけど。

今場所はけっこうきちんと見れそう。昨日、今日と十両からチェックしてますよ。
隠岐の海なんかヤバめ。十両の緊張感のなさったら、将来にまるで希望が持てませんな。

こりゃ魁皇が長生きするワケだよ。頑張れ魁皇wごまかせ千代大海w
この二人に「ポテンシャル」で勝る日本人若手はいないもんな、正直。
これ、けっこう深刻な問題だと思うんだよ。ホントに。

私は今の両横綱時代を先見して「これから相撲はくる!」と思ってブログを書き始めたけど、
正直今は「これから相撲は来ない」のではと危惧しています。
頼むぜ、竜電!はい、最後は支離滅裂ですが、これが現在の心境です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SUSAN
2009年11月16日 23:49
初日見て来ました。
観客のテンションの低さといったらもう・・・・。
一時期関係者の間でも九州撤退の噂が出てたようですが
実現しちゃってもいーんじゃないの?って思います。

古参大関に引導を渡せる力士がいないのがいけない!と友人と愚痴りながらの幕内後半。
角界全体にあった一時期の勢いはどこへやら。
私もブログ用の文章をひねり出すのに四苦八苦です(^_^;)
ミムステ
2009年11月17日 00:42
>SUSANさん

私も一度あの「川崎球場」チックな空間に行ってみたいです。九州場所がなくなる前に…

ブログ用の文章って言葉に共感します。
そのまま書いてしまうと、誰かがヒスを起こすし…
みたいな配慮に加え、

単なる不平不満に終わらせず、愛ゆえの叱咤激励というテイストにまとめたい気持ちとか…

愛などという恥ずかしい言葉を使ってますが、
ホント愛なしでは見ておれん現状だと思ってますよ、私は

この記事へのトラックバック