NHKドラマ とめはねっ! 第1回感想

木曜8時から全6回で放送の
NHKドラマ とめはねっ!鈴里高校書道部

原作はスピリッツに連載中のマンガ。
原作ファンなので、楽しみにしていました。

放送前から、公式サイトの充実ぶりに感心していました。
マウスでの書き初めコンテストや、NHKつながり?の
大喜利コーナーとか…

http://www.nhk.or.jp/drama8/tomehane/

私も大喜利投稿してみましたが、お題はけっこう難しかったですね。
原作のイメージを活かした方が良いのか、無視した方がいいのか、
正解が微妙なところです。

というよりも、思い入れがある題材というのは、
なかなか思い切った答えが出せないんです。

全く脈略のなさそうなお題に、思い入れのある事柄を
ボケとしてぶつけていくのが好きですね。


とまあ大喜利の言い訳はいいとして、ドラマの感想。
(原作を読んでない人には不親切な文ですが、お許しを)

まずはキャスティングから。全体的にとても良いと思いました。
特に結希役の朝倉あきちゃんは想像以上にいいですね。
顔がパンパンでw顔面から何かエネルギーが出ている

谷村美月を見たときもそう思ったけど、映える女優というのはただの美人ではダメで、
どこか「残るクセ」があった方がいい。

結希役として違和感がまるでないし、演技も書道部の5人の中では一番良かったかな?
あとはなんかクラスにいても、誰かに指摘されるまではカワイイと気づかないかもしれない感じがいい。
クラスレベルのかわいさ。


それと同じくらい良かったのが、加茂ちゃん役の赤井英和の娘!あったね~、適役が!!
こちらも違和感なし。加茂ちゃんがいる安心感を感じながら見れました。

日野姉妹…本人たちも双子なのかな?いい人がいたなぁという感じだけど、
あの髪型を現実に再現すると、ちょっと無理があるかな?

ユカリは演技はユカリらしさが出ていたけど、どうしても耳ピの跡が気になりました。
ピアスとか、最もユカリらしくないアイテムですからねwこういう部分は大事ですよ

三輪ちゃんは…三輪ちゃん派としては50点かな?自分がイメージする三輪ちゃんとは
微妙に毛色が違う(髪の色ではなくてw)まあでも5人の個性の色分けはしっかりできていると思いました


若い人が多く出演するドラマなので…どうしても演技の面でゆるいところはありましたが、
それに目をつぶったとしても、ちょっともったいない部分がいろいろと目に付きました。

序盤の展開が速すぎて、どうもストーリーのキモが見えてきませんでしたね。
原作を知っているから流れがわかりましたけど、
知らない人にとってはちょっと淡々と進みすぎだったのではないでしょうか?
前半20分だけで1本作れたらよかったんでしょうけどね。
(でも、いきなり「親友だと思ってたのに」は言いすぎだよなぁ…)

あとは、ああいう群像ドラマだと「心の声」とか「回想」とかを使うのは
あまり美しくないんですよね。
それをセリフにして説明的になってしまうのも興ざめだし。

原作を知っていると、ストーリー展開の違いにばかり目が行ってしまいますが、
原作通りなのにドラマにすると不自然なところもあったし、
まあ頑張ってる方なのかな、と思いました。80点てとこですかね。

来週の揮毫パフォーマンスは1つのヤマでしょうね。楽しみ

ブラック日野ちゃん、ドラマだとさらにキツい感じで良いです。
勅使河原、別にイケメンじゃねぇ…

結希の母親が葉月里緒奈…
むしろ若い頃の葉月里緒奈に結希の役やってほしかったなぁ。

結希の母親とユカリの父(ダンカン)がドラマでは元恋人という設定が
あるみたいですね。結希と義之の出会いのくだりを省略したいからでしょうが…


以上、雑ではありましたが、第1回の感想。
続けて第2回以降も書けたらと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック