平成二十二年大相撲初場所 感想

● 魁皇の幕内最多勝達成

● 千代大海の引退

● 白鵬2度目の30連勝

● 把瑠都の快進撃

● 両横綱がリードする優勝争い

● 気づけば朝青龍25回目の優勝。北の湖の優勝回数を超える


朝青龍の優勝に終わった初場所でしたが、何と言うか、後半の後半になるまで
朝青龍があまり目立たない場所でしたね。注目は常に他のところにあったと言うか。

朝青龍の今場所の調子は可もなく不可もなしと言ったところでしょう。
途中まで優勝争いをしていた白鵬も同様。

白鵬は、場所後に挙式を控えていることも影響してか、集中力に欠けた。
一方の朝青龍は、今場所なんかは本当に気力でもぎ取った優勝という気がするなぁ。
千秋楽の横綱決戦の結果は、まさに気力の差。やっぱり朝青龍はホッとした部分が
あったと思う。

私は白鵬派ですが、今場所については「まあ、こんなときもあるでしょ」くらいにしか思ってません。
優勝を逃しても3敗というのは、横綱としては及第点の成績だと思いますし。
それに朝青龍に復活の兆しが見えた…と言うより落日の兆しが見えない…
ことで、白鵬はさらにもう一段強くなることができると思いますから。

ただ、朝青龍に優勝を譲るのは、もうあと1、2回に留めてもらいたいですね。
例えば朝青龍の優勝が29回~31回あたりで土俵人生が終わったとすると、
サッカーの出場停止がなければ…とかそういう話も出てきてややこしいのでね。
そろそろ力で抑えていかないといけない時期にかかっていますよ。

…にしても表彰式の猪瀬直樹は腹立ったなぁ。土俵の上で
「悪役が勝たなきゃ盛り上がらない」とか言ってさぁ。褒めてるのか、それ?
皮肉か?優勝者に対して皮肉を言いに来たのか、おまえは!

栄誉を讃える気がないヤツは来るなよ!軽口叩きやがって。
何を勘違いして自分には発言権があるなんて思ってるんだろ?

別に土俵の外で言うなら構わないよ、そんなの。
でも優勝者インタビューだってわざわざ土俵を降りてやってるんだぞ?
女性知事は上がれなかった場所だぞ?わかってるのか?

軽口叩きやがって(2度目)。力士が命削って戦っている場で勝手に人の印象を操作するな。
協会が悪役を注意しようとしてるのに、それをむげにする行為だ。


【その他】
◎ 今場所はなんと言っても魁皇の場所だったと思う。来場所は100場所目か。
これはホントにすごい。白鵬をはじめ、かなり難敵を退けたように見えて、それでも9勝…
なんかこれからの一瞬一瞬を大事にしていきたいと思いましたよ。
伝説の100場所目の下で待ってます。「かいおうメモリアル」

◎ 稀勢の里は途中まで決して悪くなかったと思うんだ。
でも大関に連敗して迷いが出たな。朝青龍戦でカッとなって立ち合い頭から行ったあたりから
調子を崩した。大関戦で二日連続当たり負けをして、やっぱり頭で行かないと勝てない…
と思ったんだろう。

後半はあまり注目してなかったけど、少なくとも立ち合いの張り差しはなかったですよね?
流れの中で張っている相撲があった気がしたけど…手を出す前に足を出せと思う。
脇アマアマボーイなんだからさ。立ち合いは頭で行ったら変られるのがオチだから、
体当たりでも踏み込んで、頭から来る相手も起こすような立ち合いを研究したらどうだろう?
方向性は今場所の序盤のような内容でいいと思う。迷うな、と言いたい。

◎ 今場所はカキゾたんの場所だったと思うんだ。以上

◎ 安美錦「稽古のつもりで取っている」押し出しって楽しいよね~
  龍二の穴は竜児が埋めるw

◎ 北の富士さんも言ってたけど、今場所は内容が良かった。幕内下位も熱かった。
  土佐豊は来場所上位に行きそうだし、白馬、北太樹の再入幕勢の活躍も新鮮でした。

◎ そして来場所は3人の楽しみな新入幕。徳瀬川は三段目の頃から注目してて、当時は細くて、将来は若嶋津みたいになってほしいなんて思っていたんだけど、今では立派な身体になって、急激に太ったせいで腰を痛めるという…手術まで必要だったおおごとみたいですが、う~ん、なんというか上がってきてみればあまり面白みのない凡庸な力士になっちゃったな、という印象。

◎ 嗟牙司は身長166センチ。第二検査出身では二人目の幕内力士じゃないかな?
さすがに豊ノ島のような活躍は厳しいかもしれないけど、ま、期待は期待です。

◎ そして大本命隠岐の海。とにかく前に攻める力がついたなぁと実感する今場所。
臥牙丸戦で真っ向から当たりにいった相撲は、負けたけど好感が持てた。
強くなる人が取る相撲を取っていた。そして臥牙丸もこれはすぐ幕内上位に行くなぁ

◎ 来場所は楽しみな新十両が3人。特に佐田の富士、黒澤の二人には注目したい。
阿武松部屋の二人は中西と合わせて二人とも本名だけど、これを機にダブル改名となるか、見もの。



【春場所前のお楽しみクイズ】

春場所前に(余裕があれば)ある切り口で記事を書こうと思っています。
下記の記録に関する記事なんですが、一体なんの記録でしょう?
わかった方はコメント下さい
(手作業によるカウントのため、多少の誤りがある可能性があります)

ある記録(初場所終了時現役幕内力士に限定)

1位 旭天鵬   68場所
2位 朝青龍   63場所
3位 安美錦   54場所
4位 雅山     53場所
5位 朝赤龍   48場所
6位 魁皇     42場所
6位 稀勢の里 42場所
8位 岩木山   41場所
9位 鶴竜    38場所
10位 白鵬    37場所
10位 琴欧洲   37場所

しばらく正解が出なかったらヒント出しますが、
勘の良い猛者は読み取ってしまいそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

バカピカ
2010年01月25日 22:17
ゾエ~に続いてかいおうきましたか(´・ω・`)
俺の土佐豊にもキャッチフレーズ希望。

キセ、13日目鶴竜相手に張り差ししとります。
先場所のアレがあったんで仕方ないっちゃないですが
そういう感情的なことする脳味噌だから(ry

クイズは通算幕内在位場所数ですね。
岩木山の41場所で確信。
(最初は連続幕内在位かとオモタ)
ミムステ
2010年01月25日 23:31
>バカピカさん

土佐豊…何かいいフレーズがないものかと探しているところです。なんつーか本人の相撲がもう1つはじけてないところがねぇ。体型に似合わない反り腰があって、面白い存在ではあるんだけど。

ゾエは把瑠都戦、魁皇戦あたりは激ゾエでした。土俵に這ったときに河原の小石のように佇む姿がたまりません。

キセの鶴竜戦はなんとなくしか見てなかったんですが、やはり張りましたか。なんかバタバタした相撲だったように思います。気持ちは足で出してほしいですな

● クイズの正解 ●
う~ん、残念。ハズレです。
それだと魁皇の42場所の説明がつかないw

しかし岩木山から答えを導き出すとはw
ちなみに岩木山ですが、40場所はこの記録を幕内で達成?していますが、1場所だけ十両で達成しています。【これ、第一ヒントです】
鴨鹿丸
2010年01月26日 23:13
>春場所前のお楽しみクイズ

「待った」をしなかった場所数でしょうか。キャリアの長い琴光喜や北勝力がランク外なところから連想しました。6位にとどまっている魁皇も待ったが多い印象です。
ミムステ
2010年01月26日 23:58
>鴨鹿丸さん

うわっ、その答え面白いです。はっきり言って正解よりも興味深いかも…

ただ、残念ながら私はその記録を調べられるほど、情報源を持っておりません…

ちなみに琴光喜、北勝力の記録を見ますと、琴光喜12場所、北勝力6場所です。キャリアに比べると少ない数ですが、この二人にはそれぞれ記録を阻止するような存在がいるんですねぇ【これはけっこう大きなヒント】
下北陸奥男
2010年01月27日 00:56
お久しぶりです。以前大関予報でお世話になっていた下北陸奥男です。

クイズの答えですが、学年で出世頭だった場所数でしょうか?
だとすると琴光喜の「阻止するような存在」は千代大海、北勝力は雅山が考えられます。

だとすると旭天鵬はもっと多そうな気が…。
49年度生まれはあまり強い関取が出ていないので。
ミムステ
2010年01月27日 01:39
>下北さん
お久しぶりです。

クイズの答えですが、う~ん…おみごとですw
ご名答!推測の通りの学年別出世頭場所数です。

相撲界はよく生年でくくりたがりますが、力士たちが意識しているのは学年だと思います(もっとも、外国出身力士をそのワクにハメるのもどうかと思いますが)その観点から、コラム的なものを書こうかな、と。

ちなみに旭天鵬ですが、私調べでは平成7年初場所、旭天鵬がまだ幕下の頃に初めて出世頭になっていますが、一時闘牙の方が安定感のあった時代がありまして、闘牙に計19場所出世頭を奪われています。

その他に、わずかではありますが、栃栄、武雄山が頭を張った場所があり、彼らの力が落ちた平成16年春場所からは、36場所連続出世頭。この記録は引退まで更新されること間違いなしです。

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 平成二十二年大相撲初場所 感想 機を見てクロニクル/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 01:43