平成22年大相撲九州場所 初日 ~O-1グランプリ開催~

いよいよ九州場所がスタートしましたね。
白鵬、双葉山超えの70連勝なるか?栃煌山の大関取りへの足固め?
平成生まれの新十両、高安と舛ノ山の活躍は?

なーんてあたりが注目なんですが、

私、今場所よりBSから大相撲を録画できる環境になりましたので、
毎日13:00(三段目上位あたり)からの大相撲中継を後追いする生活に
なると思います。

それに伴いまして、今場所から当ブログではある企画を根幹に据えて
記事を書いていこうと思います。

名付けて「O-1グランプリ」

ルールは簡単です。私が毎日大相撲中継をチェックして、
その日良い相撲を取ったと思う10名をチョイス。

10名に順位づけをして、1位に25P2位に18P…10位に1Pと、
2010年のF1GPに準じたポイントをつけていきます。

初日から千秋楽まで毎日集計をして、
最終的に誰が最も印象に残る相撲を取ったのかを
決めるというものです。

ただし、選考の基準は、まったくもって私の主観ですので、
「文句をつけるのは筋違い」という認識でぜひお楽しみいただければと思います。


では、さっそく本日の結果です。

1位 北太樹(西幕内3)
曲者白馬相手に立ち合い張られても全くひるむことなく前に出た。

2位 鶴竜(西関脇)
豊真将とは力の差がついたことを見せつけるような相撲内容。突っ張りの回転も良し

3位 白鵬(東横綱)
巻き替えのスピード鬼。初日の緊張って何?

4位 千代の国(東幕下41)
立ち合い、低く鋭く立ち、相手に変化されても素早くついていく。攻めの姿勢、相撲勘が良い。

5位 栃矢鋪(東幕下12)
初の幕下上位とは思えぬ目の覚めるような押し相撲

6位 貴ノ岩(西幕下24)
こまたすくいという、小技感のある語感とは裏腹の荒技を華やかに激しく決めた

7位 普天王(東幕下51)
立ち合い頭で当たって流れよく左四つで完勝。久しぶりに胸のすくような相撲

8位 嘉風(東幕内5)
好調を感じさせるアゴの引き。そして、上体のリズミカルな上下動。今場所もやると思う

9位 玉鷲(東幕内8)
木村山との押し相撲対決を制す。低すぎず、ヒザもほどよく曲がっていい感じ。11番勝つ系?

10位 武州山(西幕内12)
あの一番は蒼国来がうまく取ったというより、武州山がうまくとったと思う。反逆の選出


以上でした。10名を選ぶのって予想以上に難しいですね。
選外になった力士でもいい相撲を取ったり、会場を沸かせた力士は多かったですし。

泣く泣くカットした人をここに挙げていくと…
面倒なのでやめておきます。

それでは初日終わった時点での力士’sランキングです。

1北太樹 25P/2鶴竜 18P/3白鵬 15P/4千代の国 12P/5栃矢鋪 10P/6貴ノ岩 8P/7普天王 6P/ 8嘉風 4P/ 9玉鷲 2P/10武州山 1P

続いて部屋'Sランキングです

1北の湖 25P/2井筒 18P/3宮城野 15P/4九重 12P/5春日野 10P/6貴乃花 8P/7出羽海 6P/8尾車 4P/9片男波 2P/10藤島 1P

明日以降は即日更新ムリかもしれませんが、よろしくです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Gacktoh
2010年11月15日 19:36
こんばんは。
初日の普天王を見て、ここ数年で1番体がいいと思いました。今場所は大丈夫のような気がします。
ミムステ
2010年11月16日 20:38
さすがに勝ち越しは大丈夫だと思いますね。位置から言って優勝を狙ってほしいです。

この記事へのトラックバック