平成22年大相撲九州場所六日目 幕下から見れないと… 

いきなりアレですけど、やっぱり幕下から放送がないとですね…
昨日、今日はO-1グランプリで10名選ぶのも苦戦しましたよ。

幕内、十両に充実した相撲が少なかった場合は、幕下から選びたくなるんですよ。
幕下の力士は上に上がろうと必死ですから、けっこういい内容が多かったりするんですね。

では、本日苦心の10名(都合により11名)をどうぞ

O-1グランプリ六日目の結果

1位 稀勢の里
栃煌山に当たり負けせず、おっつけながら左四つになるプロセスが良かったです

2位 琴奨菊
今場所初ガブりではなかったでしょうか?しかしこれが2位というのが本日低調の証

3位 嘉風
動き回って捕まえに来る徳瀬川の持ち味を封じました。好調持続

4位 安壮富士(十両)
出し投げ地獄

5位 白馬
左右前後にキレよく動き回って今場所初白星

6位 安美錦
立ち合いの変化が許される人、変わり気味に取ったまわしの位置よし

7位 土佐豊
栃乃洋の左下手投げを警戒しながらうまく寄り切り

8位 豊桜(十両)
魁聖攻略のお手本のような突きからの流れ

9位 豪風
下がりをうまくすくえなかったことを口実に待った。本当は仕切りのタイミングをずらしかったのだろう。
悪者にならない演技

10位 境澤/明瀬山(十両)
二人とも好調のようで自分の持ち味が出ている模様。しかし、私は学生相撲出身者には厳しい。学生相撲出身者は、十両になることが目標で角界に入ってきたわけではないはず。十両ではよほど印象に残る内容でなければランクインは難しいが、今日は全体的に低調だったこともあり、これを機に奨励賞的に1点献上。


では、六日目終わっての力士総合ランキング

1位 稀勢の里 77P
2位 豊真将 76P
3位 鶴竜 43P
4位 栃ノ心 37P
5位 嘉風/栃煌山 30P
7位 安美錦/北太樹 26P
9位 琴奨菊/魁皇 18P

稀勢の里が大金星の二日目以来、再び首位奪回です。

続いて、部屋総合ランキング

1位 春日野 93P
2位 鳴戸 79P
3位 錣山 76P
4位 井筒 43P
5位 伊勢ヶ濱 42P
6位 尾車 32P
7位 友綱 30P
8位 北の湖 27P
9位 佐渡ヶ嶽 26P
10位 時津風 18P

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック