平成二十三年大相撲初場所十二日目 ロボ★コン

今日の大相撲中継は幕下から解説陣が良かったです。

幕下は元関脇ペラ男wの琴錦、現・秀ノ山親方。十両は元栃栄の竹縄親方。
幕内向正面は私イチオシの元小城錦の中立親方。
3人とも、技術論が語れる人でした。

幕内の正面は舞の海で、元出羽海コンビなのは良かったです。
実況は吉田アナ。吉田さんはさすがに中立親方の良さを引き出してました。
吉田アナは何気に懐が深いと思います。


では、O-1十二日目の結果です。

1位 高見盛 +25P
基本高見盛には辛い私ですが、別に高見盛が嫌いなワケではないです。
豊桜に後ろにつかれたのに、腰を回すようにクルッと回転したら、
相手がヒザをついてしまいました。決まり手は後ろもたれですが、
全然後ろにもたれてません。新たな決まり手が必要ですね…
振り切り?

2位 隠岐の海 +18P
立ち合い相手北太樹得意の左四つに組みとめられ、攻め込まれましたが、
柔らかく残しての高角度突き落とし。内容はイマイチですが、
大物にしか取れない相撲。何より二敗を守ったことを評価

3位 魁皇 +15P
今日は右肩なんとか使えたようです。大関同士の対決を制して勝ち越しです。
あと11勝で千代の富士の歴代通算勝利に並ぶ1045勝

4位 豊響 +12P
ここ数日いい押しが出てました。勝ち越し

5位 稀勢の里 +10P
横綱に勝った翌日というのは得てして平凡な負け方をしてしまう力士が多い中、
落ち着いて玉鷲をさばいて勝ち越し。二桁目指せ

6位 土佐豊 +8P
立ち合いから光龍に攻め込まれましたが、土俵際しぶとく粘り、
反撃に転じて前回しに手が掛かると一気に攻めました。
ここ数日いい相撲もありましたが、何せ相撲が大きいのが…

7位 魁聖(十両) +6P
あまり盛り上がりませんでしたが、佐田の富士の押しをしっかり受け止めて
相手をつかまえ、寄り切りました。一歩も下がらなかったのが印象的でした。
筆頭で7勝目。入幕も見えてきたよ

8位 琴奨菊 +4P
勝ち越しを決めた後も落ち着いて自分の相撲を取りました。二桁リーチ

9位 鶴竜 +2P
内容は特にないけど、まあ二敗の大関に勝ちましたし。
立ち合い左四つに組みとめたことを評価。
琴欧洲は0点。なんであんな伸びた上手で前に出ようとするのか。
相撲がわかってないとしか言いようがない

10位 徳瀬川 +1P
普段とは逆の左を差して一気に安美錦を寄りたてました。
4枚目で7勝。勝ち越し王手


では、十二日目終わっての力士総合ランキング

1位 琴奨菊 146P
2位 稀勢の里 127P
3位 隠岐の海 125P
4位 栃乃洋 90P
5位 豊真将 85P
---優勝可能ライン---
6位 魁皇 62P
7位 日馬富士 59P
8位 栃煌山 43P
9位 高安 30P
10位 豊ノ島 29P
10位 徳瀬川 29P

優勝は上位5人に絞られました。

続いて部屋総合ランキング

1位 鳴戸 181P
2位 佐渡ヶ嶽 175P
3位 春日野 152P
4位 八角 125P
5位 錣山 86P
6位 伊勢ヶ濱 80P
7位 友綱 68P
8位 時津風 52P
9位 北の湖 35P
10位 桐山 29P

鳴戸部屋が佐渡ヶ嶽部屋をややリード。

今日の幕内通信簿は3。
各力士、ややお疲れ気味でしょうか…
これまでの内容が良かっただけにね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック