平成二十三年大相撲初場所十三日目 ○○の○ ←空欄を埋めて四股名を完成させよ

前置きなし。O-1グランプリ13日目の結果です。

1位 隠岐の海 +25P
O-1史上初めて1位を獲得しました。立ち合いの変化や横の動きが得意な
白馬相手にひるみことなく前に出ました。三賞当確?の11勝目

2位 琴奨菊 +18P
今場所好調の豊真将相手に、回しをつかまなくともがぶって勝利。
三役初の二桁勝利

3位 徳瀬川 +15P
得意とは逆の左四つでしたが、上手を浅く引いて鶴竜をじっくり寄り切り。
左でも四つの強さを感じた一番。しかも上位で勝ち越し。三役もあり得る。

4位 豊響 +12P
押し相撲乗ってきてます。若の里もものともせず

5位 北太樹 +10P
栃乃洋戦は取り方を心得ているかのよう。栃乃洋の差し手が活きないように、
上手を取っても自分でそれを離すんですね。同じことを黒海もやってましたが、
それだけできても勝てるもんでもないから相撲は面白いです

6位 土佐豊 +8P
相手の蒼国来も前捌きがうまい方だと思うんですが、今日は二本入って吊りました。
小さく入って、中で大きく広がる…こういう相撲がいいと思います。
と解説の出羽海親方も言ってました。

7位 琴春日 +6P
差し身よく二本入って旭天鵬を寄り切りました。
ベテラン健闘しています。勝ち越しに王手。

8位 魁聖(十両) +4P
今日も若天狼の押しに一歩も下がることなく、どっしりと押し出し。
来場所の新入幕をほぼ確実にする一勝。夢の魁皇との土俵入りが叶いそう

9位 把瑠都 +2P
両膝を痛めていて、正直もうロクな相撲は取れないかと思ったんですが、
まあ、今日もロクな相撲ではなかったですが、稀勢の里をパワーで圧倒。
明日も白鵬が油断してるとわからんぞ!っていう内容であったことを評価。

10位 栃ノ心 +1P
まわしにこだわらず積極的に前に出ました。目が覚めるような相撲。
既に大負けしているけど、来場所の番付のためにも残り二日今日のような姿勢を期待。


十三日目終わっての力士総合ランキング

1位 琴奨菊 164P
2位 隠岐の海 150P
3位 稀勢の里 127P
---優勝可能ライン---
4位 栃乃洋 90P
5位 豊真将 85P
6位 魁皇 62P
7位 日馬富士 59P
8位 徳瀬川 44P
9位 栃煌山 43P
10位 北太樹 31P

隠岐の海が2位に浮上。十四日目の稀勢の里‐隠岐の海戦は、
O-1の優勝争いを占う上でも、非常に重要な一戦。

続いて、部屋総合ランキング

1位 佐渡ヶ嶽 199P
2位 鳴戸 181P
3位 春日野 153P
4位 八角 150P
5位 錣山 86P
6位 伊勢ヶ濱 80P
7位 友綱 72P
8位 時津風 60P
9位 北の湖 45P
10位 桐山 44P

佐渡ヶ嶽部屋が首位を奪還。200Pに到達しようかというハイスコア。
部屋の優勝争いはほぼ上位二部屋に絞られたか?

今日の幕内通信簿は4。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック