平成二十三年大相撲初場所十四日目 白鵬6場所連続優勝

初場所も終わって三日経ちましたが、一応けじめでO-1の最終結果までアップします。

O-1グランプリ十四日目結果

1位 白鵬 +25P
風邪をひきながらも6場所連続優勝達成。
この日はしっかりと相撲を魅せてくれたことも評価しての1位です。
右四つになり上手から攻めると見せかけておいてのすくい投げ。
相手の把瑠都も調子が悪かったですが、この一戦はなぜかテンションが高まります。
一言で言えば「画になる」もっとクオリティを高めてほしい

2位 稀勢の里 +18P
優勝争いで追走する隠岐の海を相手に左四つにがっちり組み止めての寄り切り。
力の差を見せての完勝でした。

3位 琴奨菊 +15P
合口のよい大関が相手ではありましたが、立ち合い低く当たって
右で抱えて左はおっつけ。相手に何もさせませんでした。

4位 光龍 +12P
押し相撲で上り調子の豊響相手に突っ張り合いで勝って2場所連続勝ち越し。
自信になる1勝では?

5位 垣添(十両) +10P
来場所の関取昇進をかける北はり磨相手に一気の押し。
自身の十両残留に希望をつなぐ白星

6位 高安(十両) +8P
回転の良い突っ張りで攻め、相手の引きにも落ちることなく、
最後は引き落とし。勝ち越して来場所の新入幕に望みも

7位 琴春日 +6P
立ち合い突き起こした後、流れよく二本差して勝ち越し。
初めての懸賞獲得とのこと

8位 北太樹 +4P
左差し 上手取ったら すぐ走る。勝ち越し

9位 白馬 +2P
上手まわしをポーンと叩いて、上手を取るように見せかけての巻き替え。
個人的に好きです。鮮やかに両差しになって即すくい投げ

10位 豊ノ島 +1P
徳瀬川に右の前褌を引かれ、それを切ろうとして引いたところを
相手が出てくるところ、土俵際でのタイミングのよい突き落としが決まりました。
明日勝ち越し王手


では十四日目終わっての力士総合ランキング

1位 琴奨菊 179P
2位 隠岐の海 150P
3位 稀勢の里 145P
4位 栃乃洋 90P
5位 豊真将 85P
6位 魁皇 62P
7位 日馬富士 59P
8位 徳瀬川 44P
9位 栃煌山 43P
10位 高安 38P

琴奨菊が2位に25P以上の点差をつけました。
したがって幕内最高優勝が14日目で決まったのと同様、
O-1も14日目で琴奨菊の総合優勝が決まりました!

続いて部屋総合ランキング

1位 佐渡ヶ嶽 220P
2位 鳴戸 207P
3位 春日野 153P
4位 八角 150P
5位 錣山 86P
6位 伊勢ヶ濱 80P
7位 友綱 72P
8位 時津風 61P
9位 北の湖 49P
10位 桐山 44P

1位、2位が200P越え!

今日の幕内通信簿は4。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック