平成二十三年大相撲初場所三日目 全取組+αより

三日目は中継の録画を忘れてしまったので、全取組と
四日目にVTRで振り返っていた一部の十両のみからの
チョイスとなります。

では、いきなりO-1三日目の結果です。

1位 稀勢の里 +25P
同学年の栃煌山相手に厳しい攻めを見せました

2位 琴奨菊 +18P
自分の相撲で完勝

3位 富士東(十両) +15P
新十両、連敗スタートで、この日も相手に寄られて絶体絶命でしたが、
最後まで勝負を捨てずに寄り返して勝利。
相撲のみならず、人として何か大切な教訓を教えてくれたような一番

4位 隠岐の海 +12P
浅い差し手からどんどんと前に攻めました。
一本差すだけで相当強いので、それだけ集中すればよいのでは?

5位 琴欧洲 +10P
がむしゃらではありましたが、天敵豊ノ島に臆することなく前に出て勝利。
危なかったけど、気持ちで負けなかったことを評価

6位 臥牙丸 +8P
激しい突っ張りを見せてくれました。ただ、相手の足が俵にかかったら、
もう少し腰を落として相手の腹を押すようにしましょう。
最後の数秒、ムダに激しかったことも事実。

7位 魁皇 +6P
やあ、魁皇が上手投げを見せてくれれば、それはね。
この日は引きずるような投げ

8位 徳瀬川 +4P
地味な朝赤龍を地味に寄り切りました。地味に力がついている

9位 日馬富士 +2P
鶴竜相手に厳しい相撲。復調の兆し

10位 栃乃洋 +1P
ナダヤンスペシャル突き落としで瞬殺


それでは、三日目を終わっての力士総合ランキング

1位 琴奨菊 58P
2位 稀勢の里 43P
3位 豊ノ島 25P
4位 隠岐の海 20P
5位 栃煌山/日馬富士 18P
7位 舛ノ山/富士東 15P
9位 高安/誉富士/臥牙丸 12P

続いて部屋総合ランキング

1位 佐渡ヶ嶽 68P
2位 鳴戸 55P
3位 伊勢ヶ濱 38P
4位 春日野 29P
5位 時津風 25P
6位 八角 20P
7位 千賀ノ浦/玉ノ井 15P
9位 北の湖 13P
10位 桐山 10P

この日の幕内の通信簿は4。
甘くてすみません。

4の基準は、ベスト10圏外にも、幕内でいい相撲を取った力士がいた日…
という感じですかね。それだけ内容が充実していると。

そして4であれば、私個人が程度の差こそあれ「今日は楽しかった」。
と満足した日です。満足なしに、相撲を見続けているわけなどないんですから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック