平成二十三年大相撲初場所五日目 土佐ノ海は相撲協会の宝

本日の幕内の中継は、元関脇土佐ノ海の立川親方を向正面に迎えての放送でした。
まさに、土佐の海のようにすがすがしい方でしたね。

解説にもどんどん来てほしいです。

それでは、本日五日目のO-1グランプリの結果です。

1位 栃煌山 +25P
4連勝の日馬富士を「完封」。左右のおっつけで日馬富士の差し手を殺し、
そのまま押し出し。はさみつけで、ほとんど極まっている状態だったんでしょうね。
いいときはいいんですけどねぇ…

2位 隠岐の海 +18P
今日は100点じゃないですか?自分から突き返してから差しに行くプロセス
良かったです。でも良い日と悪い日が交互に来てるんで、
最終的には7勝8敗になるんじゃないか…なんて思ってますが、
ええ、私は隠岐の海びいきですよ…

3位 栃乃洋 +15P
連日の突き落とし、今日も決まるか?決まるか?と
数度の未遂がありましたけど、最終的にはやっぱり決めてくれました。
期待に応えるなぁ~。相手の若荒雄は閣下に呼び出されてから
調子狂ってますね。もともと押し切る相撲じゃないのに、
出足の相撲を期待されて、自分の間合いで取れてない気がする。

4位 稀勢の里 +12P
左からのおっつけ強烈でした。でも、何かあまり安心はできない

5位 魁皇 +10P
豊ノ島、一瞬あの日の戦慄が頭をよぎりましたかね。
自分から差し手を抜くようにしたらもう土俵際。
魁皇、今場所も大関の看板が輝いています。

6位 阿覧 +8P
徳瀬川との右四つがっぷり引き付け合い対決を制す。
阿覧にはもう、これ以上をあまり期待していないのですが、
キラーっぷりというか、イヤなヤツになってほしい。
徳瀬川は昨日といい、今日といい、もうちょっと下半身を強化した方がいい

7位 豊真将 +6P
今場所の豊真将はいいと思いますよ。攻めが積極的。
今日は特に中盤流れが止まりそうなところで、
頭から1つ、2つと当たれたところが良かったと思います

8位 鶴竜 +4P
琴奨菊が当たってこずに安易に組み止めようとしたってのはありますが、
サッと二本入って好調力士の連勝を止めたのは見事。
連敗でも気持ちが腐ってなかったですね

9位 若の里 +2P
なんか今場所は、その先の展開が全部見えてるような落ち着き。
立ち合いから完全にペース掴んでるんですよね

10位 松本(幕下) +1P
錣山部屋所属で、今場所が初の幕下なんですが、
今日は突き押しの大先輩、天一を一気に突き出して3連勝。
身体を見ると、まだまだ非力な感じがするんですけど、
突きの型がいいんですよ。青狼、寺尾丸と合わせて楽しみな一人


それでは五日目終わっての総合ランキング

1位 稀勢の里 80P
2位 琴奨菊 76P
3位 栃煌山 43P
4位 栃乃洋 41P
5位 隠岐の海 38P
6位 日馬富士 26P
7位 豊ノ島 25P
8位 高安 24P
9位 魁皇 22P
10位 舛ノ山/富士東 15P

本日ポイントのなかった琴奨菊を抜いて、稀勢の里が1位に浮上。

続いて部屋総合ランキング

1位 鳴戸 110P
2位 佐渡ヶ嶽 86P
3位 春日野 84P
4位 伊勢ヶ濱 46P
5位 八角 38P
6位 時津風 25P
7位 友綱 22P
8位 千賀ノ浦/玉ノ井/北の湖 15P

春日野部屋が今日だけで40P獲得。三つ巴の展開??

本日の幕内通信簿は、甘いと思われるかもしれませんが、「5」
つまらない相撲がほとんどなかったです。熱戦が多かったわけではなかったですが、
見どころが多かったです。こういう何気ない一日を評価したく、通信簿をつけてますし。


3日分の更新は疲れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック