平成二十三年大相撲名古屋場所 初日 O-1グランプリ開始

本場所が再開されて嬉しい。やっぱり気持ちが日馬富士(張りますとか、晴れますとかけてます)
そしていい相撲も多かった。んで、今場所もO-1グランプリを開催します。

O-1ってのはF-1グランプリ2011のレギュレーションをパクり、
私が毎日印象に残った力士10名をピックアップ。
10名に順位をつけて、1位に25P~10位に1Pとポイントを付与していって、
最終的に誰が最もこの場所輝いたかを決めるってものです。

9割方、勝った力士がランク入りするんですが、いい相撲を取ると、
ときどき負けても1位になったりします(対横綱戦とか)

じゃ、説明はこのへんでいいですか?さっそく本日の結果発表


【初日の結果】
1位 豊ノ島 25P
まわしを取れば安パイと思っていた琴奨菊のまわしを徹底的に嫌い、しかも嫌うのと前に出るタイミングが同時だったりしてこの攻め方にはとにかく舌を巻きました。完勝。

2位 白鵬 18P
まあ、白鵬にとっては「かなり」取りやすい相手でしたが。
不安な初日(もう過去の話ですね)に鬼のような相撲を取りました

3位 鶴竜 15P
安美錦の最初の当たりを受け流したように見えたんですね。
当たり負けしたようにも見えましたが、最初の当たりさえ止めてしまえば、
という算段のもとの立ち合い。うん、こういう勝ち方ができる力士が増えてほしいです。
個人的に隠岐の海にはそれができると思ってます。

4位 魁聖 12P
先場所からの勢いそのままの相撲。勢いだけでなく、巻き替えも見せちゃうあたり
館内に多くの感嘆符を呼び起こしました。スケール大きくてよろし

5位 嘉風 10P
1度つっかけたのが良かったですね。と、言っていいものか。
まあ、そのふてぶてしさ、ないとあの身体で上位はキツイってか。
その気概で白鵬戦もよろしく

6位 栃煌山 8P
雅山との突っ張りあい、一歩も引かなかったところが良かった。
よく我慢しましたよ。それほど目立たなかったけど、高く評価したい一番

7位 把瑠都 6P
先場所の反省を活かし、張り差しから左が深く入ったのが良かったですね。
豪快に吊りだしました

8位 豊真将 4P
立ち合いからの流れが良かったですね。途中呼び込むような投げがありましたが、
そこは出足のない朝赤龍でしたし、その後すぐ攻めたのでまあいいでしょう。結婚おめでとう

9位 栃乃若 2P
高安との若手対決。なんか2人ともノーガードっつーか、ヘタやなぁって感じの相撲でしたけど、
最後はスケールの大きさ、ガムシャラさが出ました。見せられるものを見せたと思います。

10位 北太樹 1P
ヒザが悪いのにうっちゃるねぇ。ギリギリの決まり方に哀愁を感じました


今日はあと5人くらいランク入りさせたかった!いい相撲、面白い相撲が多かったです。


【部屋総合ランキング】

1位 時津風 25P
2位 宮城野 18P
3位 井筒 15P
4位 友綱 12P
5位 尾車 10P
5位 春日野 10P
7位 尾上 6P
8位 錣山 4P
9位 北の湖 1P

"平成二十三年大相撲名古屋場所 初日 O-1グランプリ開始" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント