テーマ:平成23年大相撲名古屋場所

平成23年大相撲名古屋場所千秋楽 爆発!KY勢の里

さっそく千秋楽の結果から 【千秋楽の結果】 1位 稀勢の里 +25P キセって相手に何かがかかってる一番だと滅法強いですよね。 本当に攻めが厳しい。相手十分にさせないの、絶対。 というワケで日馬富士の全勝を見事に阻止。 今場所は序盤こそつまらない負けが多かったですけど、 勝つときにはいい内容もあったんで、二桁はよく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所十四日目 日馬富士2回目の優勝!白鵬8場所連続優勝ならず

前置きは抜きでO-1結果 【十四日目の結果】 1位 日馬富士 +25P 立ち合い左前回しが早く、死んでもそれを離さないという執念。 白鵬も、何度も右から起こそうと試みましたが、最後下手を引くのが精一杯。 勝機で出して切り返すように寄り切りました。 今場所は厳しかった上に、危ない場面すらなかったです。 ただ、千秋楽は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所十三日目 小よく大を制すの日

タイトルの通り、小さい力士が大きな力士を倒して 館内が沸いた日だったと思います。 というワケで、小よく大を制してノミネートされた力士には、 《小大》を付記しました 【O-1 十三日目の結果】 1位 日馬富士 +25P 《小大》 把瑠都の立ち合いのもろ手突きをタイミングよくいなすと、 把瑠都がもう土俵際までよろけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所十二日目 先行馬?

いきなり結果から 【O-1 12日目結果】 1位 白鵬 +25P 負けた次の日。厳しい相撲で隠岐の海を立ち合いで仕留めました。 昨日は…気持ちが入らなかったのは事実でしょう。 白鵬は横綱として「周囲を引っ張る」立場にあるワケですから、 自身としても角界の中心となる人材は引き上げたいんですよ。 負担軽減のため…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所十一日目 Fukuoka Express

魁皇の引退会見、やりきった男のいい笑顔でした。 まあ、不可解な裁定によって志半ばでやめさせられた力士もいるんだし、 それを思えば「最高」ですよ。ホント ◆ Welcome to OYAKATA World !! ◆ 同期の貴乃花親方、同時期に大関を張った武双山の藤島親方、 栃東の玉ノ井親方はすでに部屋の師匠として弟子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所十日目 魁皇引退…お疲れ様でした

本来書こうと思っていた前置きを変更して、 魁皇引退のニュースが入ってきましたので… 本当にお疲れ様でした。記録は意識しないと言いながらも、 やっぱり密かに重要なモチベーションだったんですね。 カド番でもないのに、あっさりとした決断には驚きました。 調整も死に物狂いだったと思いますし、これ以上、辛い思いをしながら、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所九日目 聞けない!リキ先生

向正面は北勝力の谷川親方でした。 「努力の人」だったのが伝わる解説でした。 個人的にはあの偏執的とも言える筋肉マニアぶりがなければ、 幕下あたりで終わった力士だったろうな、と。 そして、現役時代あえて寡黙を貫いていた分、言いたいことがたくさんある感じ。 弟弟子の隠岐の海を褒めまくるとか、新しいなぁと思いましたね。 まあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所八日目 関脇が強い場所は面白い

タイトルどおり、3関脇がなかなかいい相撲を見せてくれていますね。 まあこれから本格的な上位戦というところもありますので、 終わってみればたいしたことない成績の可能性もあるんですけど、 盛り上げてくれていると思います。ではO-1の結果発表 【八日目の結果】 1位 琴奨菊 +25P うん、絶対に負けてはいけない一番でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所七日目 ワカラオぶり

この日の中継は、十両が元小城錦の中立親方。相変わらず相撲素人の限界を超える ご指摘をたくさんいただきました。勉強になります。 幕内は元貴ノ浪の音羽山親方、そして先日引退したばかりの元普天王の稲川親方。 向正面になんかとっちゃん坊やが座ってましたけど、まあテレビ向きな性格ですね。 フレッシュな放送でした。皆さん、末永くよろしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲名古屋場所六日目 お客さんは明日から少しは…

前置き抜きのO-1結果発表 【六日目の結果】 1位 稀勢の里 +25P お粗末な立ち合いでしたけどねぇ…印象に残っちゃったもんだから仕方ない。 魁皇に右上手取られてね、まあよくもあれだけ執拗に上手を切りに行きましたよ。 その間、何もできなかった魁皇も魁皇ですが…なかなかあれだけ反復したまわしを切る動作って お目にかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所五日目 魁皇1046勝達成≒ドカベンプロ野球編orキン肉マンⅡ世

舞の海「相撲も採点競技にしたらどうか?」 スミマセン。採点めいたことをしています… O-1五日目の結果から 1位 魁皇 +25P まあ、今日はお得意様の旭天鵬ということで、右上手ひいて落ち着いてました。 おめでとうございます!以上です。。。 私が魁皇関にそっけないのは別に魁皇が嫌いだからではありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所四日目 魁皇史上1位タイ通算1045勝達成

前置きは抜きでO-1行きます 【四日目の結果】 1位 日馬富士 +25P まあ、私の相撲感を表す反逆的なチョイスではありますがね。 厳しい相撲でしたよ。立ち合いから鶴竜に押し込まれましたけどね。 下から下から攻めて最後はダメ押ししましたね。 まあ、それだけ危機感を感じているんですよね。鶴竜に対しては。 鶴竜目線で行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年大相撲名古屋場所三日目 「未」学習済なブログ

今日は前半戦吉田アナが光ってたなぁ~。なんだろ?退屈の隙間を補うような言葉遣い。 後半になるとあまり奇をてらったことは言わなくなった。 幕内後半は土俵への集中力が高まるから、余計な言葉はあまりいらなかったりする。 絶妙な立ち位置だと思った。退屈したら文句を言うのではなく、 自分が面白く拾ってやるという意識。愛と信頼。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲名古屋場所 二日目 タオル記念日

「この汗はダメね」と勝昭が言ったから七月十一日はタオル記念日。 時間いっぱいで白鵬が珍しくタオルを手に取りました。肩口とわき腹のあたりを ちょちょいと拭いただけでしたけどね。 勝昭の苦言が耳に届いたんでしょうかね? では、二日目のO-1結果です。 【本日の結果】 1位 鶴竜 +25P 琴欧洲とは右の相四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲名古屋場所 初日 O-1グランプリ開始

本場所が再開されて嬉しい。やっぱり気持ちが日馬富士(張りますとか、晴れますとかけてます) そしていい相撲も多かった。んで、今場所もO-1グランプリを開催します。 O-1ってのはF-1グランプリ2011のレギュレーションをパクり、 私が毎日印象に残った力士10名をピックアップ。 10名に順位をつけて、1位に25P~10位に1P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more