テーマ:平成23年大相撲初場所

平成二十三年大相撲初場所千秋楽 なぜわざわざテンション下げる放送席

14日目で優勝が決まったからって、なんの希望もないような放送はやめていただきたい。 そして、その希望であるところの幕下を放送しない決定だとか。 幕下を放送しないようでは、目の肥えた相撲ファンを育てることができないし、 力のあるスポーツ実況アナを育てることもできないだろうな。 幕下を放送する、しない以前に、NHKは年寄りに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所十四日目 白鵬6場所連続優勝

初場所も終わって三日経ちましたが、一応けじめでO-1の最終結果までアップします。 O-1グランプリ十四日目結果 1位 白鵬 +25P 風邪をひきながらも6場所連続優勝達成。 この日はしっかりと相撲を魅せてくれたことも評価しての1位です。 右四つになり上手から攻めると見せかけておいてのすくい投げ。 相手の把瑠都も調子が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所十三日目 ○○の○ ←空欄を埋めて四股名を完成させよ

前置きなし。O-1グランプリ13日目の結果です。 1位 隠岐の海 +25P O-1史上初めて1位を獲得しました。立ち合いの変化や横の動きが得意な 白馬相手にひるみことなく前に出ました。三賞当確?の11勝目 2位 琴奨菊 +18P 今場所好調の豊真将相手に、回しをつかまなくともがぶって勝利。 三役初の二桁勝利 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所十二日目 ロボ★コン

今日の大相撲中継は幕下から解説陣が良かったです。 幕下は元関脇ペラ男wの琴錦、現・秀ノ山親方。十両は元栃栄の竹縄親方。 幕内向正面は私イチオシの元小城錦の中立親方。 3人とも、技術論が語れる人でした。 幕内の正面は舞の海で、元出羽海コンビなのは良かったです。 実況は吉田アナ。吉田さんはさすがに中立親方の良さを引き出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所十一日目 ニュースは一切見ずに臨んだら…

オラー!雑な相撲ばっか取ってるからだー! てなワケでいきなりO-1グランプリ十一日目の結果です。 1位 稀勢の里 +25P 2場所連続で白鵬を倒しました。白鵬を倒すコツを掴んだかのようですね。 鍵は顔面に一発入れることのようで。今場所の方がスムーズというか、 立ち合いから読み勝ちしてましたね。なのにどうして琴欧洲には勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所十日目 THE 豊真”勝”

今日も眠いので前置きはあまりしたくないのですが、 なんか幕内でフェミニンな感じの企画が始まりましたね。 なんですか、あの書体はw 大相撲は女性ファンも多いので、いいんじゃないでしょうか。 中身はゴリゴリの技術論でもありましたが。 琴錦が自分の相撲を掴んだ一番として、 平成二年名古屋場所の北天佑戦を上げてました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所九日目 THE 豊真SHOW

眠いので、前置きは抜きにして本日九日目のO-1の結果です。 1位 豊真将 +25P 負けた力士が1位になるのはO-1史上初?史上ったって歴史1場所半だけですけど… 横綱相手に立ち合い思い切り当たってましたし、攻めのプロセスに間違いはなかったんです。 惜しむらくは、豊真将が普段から前に出ている力士であれば、 最後なんとか足が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所中日 大関候補・いる・いない?

今日の幕内の中継は、正面放送席に、 三瓶アナと、元千代大海の佐ノ山親方、元栃東の玉ノ井親方 のゴーイチ組大関W解説でした。 今文章を書きながら、この二人が親方か…としみじみ 年月の経過を感じてしまいましたね… あっという間に力士全員が年下になってしまうんだろうなぁ… それは、さておき「大関候補」について。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所七日目 白鵬に文句を言います

今日の幕内の中継は、正面が解説千代の富士で、向正面が琴錦 両者が勝った相撲を振り返りながらの放送でしたが、 琴錦の強い者に対する腰巾着ぶりがなんとも。 こういう人は、立場が弱い人間には偉そうにするんだろうな、きっと… タイトルで書いた白鵬への文句は後半に書くとして、 O-1グランプリ七日目の結果から 1位 栃乃洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所六日目 優勝争いのことなんか最初から考えてない

前置きなしでO-1六日目の結果です。 1位 豊真将 +25P 自分からよく動いて魁皇を翻弄しました。前哨戦が激しかったので、 魁皇が上手を取った頃にはもう軽くバテてましたね。足がついていかなかった。 自らの稽古量をうまく発揮した一番だったと思います。 2位 琴奨菊 +18P 1位と2位は迷いましたけど、まあ合口のいい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所五日目 土佐ノ海は相撲協会の宝

本日の幕内の中継は、元関脇土佐ノ海の立川親方を向正面に迎えての放送でした。 まさに、土佐の海のようにすがすがしい方でしたね。 解説にもどんどん来てほしいです。 それでは、本日五日目のO-1グランプリの結果です。 1位 栃煌山 +25P 4連勝の日馬富士を「完封」。左右のおっつけで日馬富士の差し手を殺し、 そのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所四日目 地元の大きな子

この日の新十両インタビューは富士東。 6歳で50キロ。小5で相撲を初めて2年目で全国大会準優勝。 そんなバケモンみたいな子でも、プロの世界では苦労する。 つくづく厳しい世界なのだと思い知らされました。 んでは、四日目のO-1グランプリ結果 1位 稀勢の里 +25P 今日は1位と2位で迷ったんですが、盛り上がりを重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所三日目 全取組+αより

三日目は中継の録画を忘れてしまったので、全取組と 四日目にVTRで振り返っていた一部の十両のみからの チョイスとなります。 では、いきなりO-1三日目の結果です。 1位 稀勢の里 +25P 同学年の栃煌山相手に厳しい攻めを見せました 2位 琴奨菊 +18P 自分の相撲で完勝 3位 富士東(十両) +15P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所 二日目 天覧・魔覧・大混覧??

二日目の幕内の中継は、インタビュールームにセットを組んで、 藤井アナ、デーモン閣下、元貴ノ浪の音羽山親方、元出島の大鳴戸親方の 4名による座談会形式での放送でした。 冒頭のデーモン閣下による1年後の夢番付。面白かったです。 魁皇の名誉横綱。通算勝利が1位になれば、アリかなぁと思いますね。 もちろん引退後にね。 大関在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十三年大相撲初場所初日 こいつは春から天覧相撲

皆様あけましておめでとうございます。 昨年は私個人の大相撲視聴環境が改善され、 ようやく自分が望むだけの相撲栄養素を吸収できるようになりました。 しかし、私の相撲記憶力の低下、相撲文章力の拙さなどから、 ブログの内容的にはさほどパワーアップしてない感じはしますけれども、 まあ昨年に引き続きよろしくお願いします。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more